サイバーな日常。

早い話が、新世紀GPXサイバーフォーミュラをこよなく愛する男のサイバーな日常。(※時々サイバーな案内するよ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

■K-TAI2015、レースの御報告と御礼。■

20150828-30_043.jpg
※レース後に油断して風邪をひき仕事などでバタバタしまして、今更感ですが8月30日ツインリンクもてぎでのK-TAI・カート7時間耐久レース参戦の事を書きます。


残念ながら降雨での決勝レースとなった30日でしたがメンバー25人が力を合わせて戦いまして、参戦3年目にしてここまでの体制に持って来る事が出来ました各関係者・メーカー様方のサポートに支えられどのチーム車両よりも速くて格好いいカートに仕上げる事が出来まして、チームのファンをはじめ多くの友人達に声援を頂く事が出来ました。
そしてイベント主催者様をはじめツインリンクもてぎのオフィシャルの方々のスムーズな運営体制のお陰で安心して走る事が出来ました。

その結果、お陰様でチーム・サイバーフォーミュラ2チーム2台のカートが7時間を大きなトラブルも無く精一杯走りきる事が出来まして栄光のチェッカーを無事受ける事が出来ました!
サポートと声援あってのレース、オフィシャルのサポートあってのレース、チームメンバー一同大変感謝しています。
3年前の全員初心者がここまで来たんだなぁと終わってみて改めて思いました。
これまで関わってきてくれた人達も含め本当に多くの人達が居たからこその感謝の気持ちでいっぱいです。
感謝の言葉しか出て来ません、皆さん本当にありがとうございました!!

・318号車…決勝12位/95台中(予選29位)
・319号車…決勝14位/95台中(予選14位)



現在2016年の参戦に向けた新しい準備をスタートさせています。
来年もまた今年と同じ様に、そして更に盛り上げられる様にと頑張りますのでこれからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。

チーム代表:『さむらい屋』管理人(さむらい)



【K-TAI 2015 フォトアルバム】

20150828-30_105.jpg

スーパーGTとかS耐みたいなノリで始めたピット看板、
今やチームの大事な看板となっています。


20150828-30_031.jpg

7/12練習会の時は2014年のカウルでした。

これがまさかあんな形にー…


20150828-30_098.jpg

20150828-30_087.jpg

20150828-30_084.jpg

20150828-30_096.jpg

20150828-30_099.jpg

20150828-30_088.jpg

20150828-30_081.jpg

20150828-30_095.jpg

20150828-30_097.jpg

20150828-30_089.jpg

2015年のニューマシンがこちら!
サイバーメカ作画監督の重田智さん渾身のデザイン案をプロペインターA・J・T様が最高の再現度でペイント!


これを仕上げる為に労力とお金と時間が目一杯掛かりましたw



20150828-30_015.jpg

20150828-30_014.jpg

その昔、キョーダインって特撮があってだなw


20150828-30_016.jpg

組み上がっていくニューマシン、チーム監督しのりんさんのお陰で全ドライバーが安心して走る事が出来ます。
(通称:車田のおやっさん、嘘w)


20150828-30_017.jpg

新型のエンジンカバーの大きさと手頃な高さ、まさに肘掛けw


20150828-30_053.jpg

ダーティーな走りを得意とするアオイZIPのナイトシューマッハさん、VIP乗りみたいなドライビングスタイルで相手を威嚇w


20150828-30_103.jpg

そんなシューマッハさんの愛車がこちらのカストロールスープラ、パドックでの注目度はバツグン!


20150828-30_012.jpg

20150828-30_070.jpg

20150828-30_130.jpg

20150828-30_112.jpg

20150828-30_069.jpg

思いつきから生まれたメーターパネル上のサイバーシステム・アスラーダ&凰呀。
今岡製作所さんがアルミプレートにエッチング加工を施してくれまして存在感バツグン!
でもレース中はハンドルの液晶メーターを見るのが背一杯、見てる暇がないw

※ちなみにアスラーダはスカッとサイバえもん(サムシング吉松さん)から、凰呀はプリクロ工房作品の1/1スケール・凰呀ヘッド(プリクロさん)からそれぞれモチーフにして作成しました。

そしてパネル横にはゴールドカラーに仕上げられた『さむらい屋』製サイバーキーが刺さっている。


20150828-30_013.jpg

写真では分かり難いかもですが、サイバーキーを捻れば黒い丸い土台に埋め込まれたLEDがピロピロと回転方向に光るという演出付き、まさに劇中と同じ動きを再現させました!

この装置をキット化したら欲しがる人が続出?w


20150828-30_077.jpg

20150828-30_092.jpg

20150828-30_091.jpg

20150828-30_078.jpg

チーム活動に賛同してくれたマフラー職人さんが専用マフラーを手作りしてくれました!
カートエンジンのスペックとドライバーの要望に見事に応えてくれて、アクセルコントロールに対してエンジンの吹け上がりとピックアップの良さが絶妙にマッチしてドライビングフィーリングは最高のものになりました。

ヨシムラ風プレートがお気に入り。


20150828-30_072.jpg

20150828-30_073.jpg

なにわなくともタイヤが無ければ始まらない!
今回は残念ながらスリックタイヤの出番無し、代わりにレインタイヤの凄さは雨の中でもまるでドライの様なグリップ感でゴールまでタレることなく安心して走らせる事が出来ました。
チームドライバー全員がレンタルカート上がりの初心者なのですが、少なくとも晴れの日にレンタルカート&スリックタイヤで走らせるよりも圧倒的グリップ力、それくらいの凄さでした。


20150828-30_076.jpg

チーム代表が大好きなRCメーカー・シェブロンモデルズさん。
重田さんのデザインに対して、実車ボディカラー表現について相談に乗って頂きました!
※ここが販売しているラジコン用1/10スケール・アスラーダGSXボディセットは1999年のワンフェス夏で発表したFRP製1/10スケール・アスラーダGSXボディが参考に使われているのですよ?(ちょっとした自慢ですw


20150828-30_074.jpg

ケミカル剤は全部ワコーズさんで統一、チーム監督イチオシ!
D.I.Dさんの駆動用チェーンは駆動ロス低減に優れた精度と耐久性を併せ持ち、エンジンパワーを余すことなくタイヤに伝えてくれます!

『ほんのりサジカゲン』は声優金丸さんと世田さんのラジオ番組のもの、宣伝用のオリジナルステッカーをまさか僕の手で作らせて頂く日が来ようとは!!
尚、ラジオ番組内でチーム代表が「声小せぇ!!」と突っ込まれる所が世界中に発信中 orz
※チームのWebラジオ初出演の様子はこちら >> http://samuraiya363.blog116.fc2.com/blog-entry-155.html
※第156回目 >> http://voice-love.net/fri_setajyun.html


20150828-30_090.jpg

サインエリアのテントは2m×2mタープで代用。
2mだと屋根部分が少~し飛び出すのでサイズ的には1.8m×1.8mの方がピッタリかな?
ベルトでしっかり固定出来ればOK。


20150828-30_043.jpg

念の為にとレース前日の土曜日に1枚の記念撮影、
レース後に綺麗な姿で帰ってくるかどうか心配もありましてw(鬼


20150828-30_100.jpg

20150828-30_101.jpg

20150828-30_102.jpg

レース前夜は宿で鍋パーティ。
色々なレース作戦が飛び交い、各々サイバーについてレースについて思い思いに話し夜が更けていきました。


20150828-30_114.jpg

20150828-30_104.jpg

レース当日、早朝の段階ではまだ雨が無くて良い天気でした。

雨が降るのか降らないのか、タイヤをスリックにするのかレインにするのか、本当にどちらかハッキリせーよ!の如く悶々とした絶妙な天気でしたw


20150828-30_042.jpg

20150828-30_020.jpg

20150828-30_018.jpg

20150828-30_019.jpg

20150828-30_001.jpg

早朝からマシンの準備、ピットの準備で大忙し。
ピットクルーはそれぞれの役割分担を再確認。


20150828-30_117.jpg

陣中見舞いでサーキット直送して頂きましたスポーツドリンク&お茶、間違いなくチームの元気の源でした♪
(CRAZY BOYさん、本当にありがとうございました!)


20150828-30_009.jpg

大会オープニングセレモニーからドライバーズミーティングまで一通りのプログラムが進行しまして、


20150828-30_044.jpg

いざ、出陣!!


20150828-30_033.jpg

20150828-30_034.jpg

20150828-30_046.jpg

20150828-30_047.jpg

20150828-30_048.jpg

20150828-30_049.jpg

20150828-30_051.jpg

20150828-30_039.jpg

20150828-30_050.jpg

20150828-30_038.jpg

20150828-30_045.jpg

20150828-30_110.jpg

20150828-30_052.jpg

20150828-30_111.jpg

20150828-30_021.jpg

20150828-30_108.jpg

20150828-30_107.jpg

20150828-30_109.jpg

20150828-30_113.jpg

レーススタート前のグリッド整列、実際にテレビで見る様な大きなレースイベント同様に華やかであり大忙しでありピリピリした緊張感がありの、規模の大小は関係無く全てのレースに共通して感じるこの独特な空間の緊張感は何年こういう場に出て来ても慣れないものですね~。
でもそれが良い、こういうの大好き。


20150828-30_010.jpg

午前9時半、遂にレーススタート!
95台全車が7時間後の栄光のチェッカーを目指して走り出しました!!


チームサイバーフォーミュラは319号車(凰呀号)が予選14番手で318号車(アスラーダ号)が予選29番手と全95台の中でも好位置スタート。


20150828-30_115.jpg

20150828-30_116.jpg

スタート時は軽く雨が上がって路面が乾きつつある状態だったので、最初のピットインでスリックに履き替えて攻めるぞ!と準備してピットイン時にタイヤを履き替えていたらー…

直ぐ雨がまた降り出して一度は履き替えたスリックをまた慌ててレインに履き戻すというハプニングがありましたが、ピットクルーは全然慌てることなくしっかりと仕事をこなしてくれまして僅かなタイムロスで済みました。


20150828-30_025.jpg

20150828-30_026.jpg

20150828-30_027.jpg

参戦3年目ともなると給油作業ひとつとってもスムーズになりました。
昨年まで誰がやるんだどの携行缶が準備出来ているんだとプチハプニングが絶えませんでしたが、今年のこの冷静な作業振りを見たら本当に凄いと思いました。


20150828-30_000.jpg

サインエリアではテーブルにはモニターを置くまでになり、過去2年の経験と綿密な打ち合わせでサインボード作業がスムーズになりまして、ドライバー全員が安心して自分の状況を把握する事が出来ていました。


20150828-30_056.jpg

20150828-30_057.jpg

20150828-30_005.jpg

20150828-30_002.jpg

マシンの整備が良いこととセッティングも決まっているからか、ドライバー全員が雨の中でもしっかりアクセルとブレーキを踏めて果敢に攻めていく事が出来ていた様です。

初参加・走行のモミーさんやアスラーダさんもスピンやクラッシュ無く無事に帰ってきてくれてホッとしました。


20150828-30_024.jpg

20150828-30_028.jpg

20150828-30_008.jpg

この男、新たに制作したレーシングスーツ(加賀城太郎・アメンダアレンジVer.)でとにかく「俺を見て~!」と、女の子に化粧をお願いして加賀さんばりにアイラインを強調してそれがもうフィリピンかマレーシア辺りに居そうな美形的なナルシスト風になっちゃってwww

薔薇の一本でも口にくわえてポーズでも取ってそうな勢い、一体彼に何があったというのか??www

いやでもスーツとヘルメットの完成度は高く良く出来てました。
ハヤトファンでスゴウ寄りだったのに、本当いつの間にアオイ寄りになったんだろうねw


20150828-30_118.jpg

20150828-30_119.jpg

20150828-30_023.jpg

ちなみに僕はと言いますと、初参加の2013年は最後アンカー走行を担当前にゲリラ豪雨から赤旗中断レース強制終了で一度も走る事なく終わり、昨年2014年も強めの降雨の中でスタートを担当し、最後のアンカー担当で2013年のリベンジを!と意気込んでバトンタッチを受けて走り出せば1周目でコースアウトクラッシュでボロボロになりながらピットイン&折れたマフラー強制修理で満身創痍でなんとかチェッカーを受けるという、、、2年連続でロクデモナイ思い出しかありませんでしたがw

今年は過去の全てを反省してお昼頃に雨の1時間走行を担当。
7月の練習会も仕事で参加出来ずと文字通りぶっつけ本番の凰呀号に乗り込んだ訳ですが、車の仕上がりがこれまでのどのカートよりも素晴らしく雨の中でもアクセル全開で走らせることが出来ました。

もうね、スピンとかオーバースピードでコースアウト?何ソレ?美味しいの?状態で各コーナーをアクセル踏みこんで攻める事が出来まして、時々「ヤベ!ケツ出る!」と思いながらカウンター当ててコーナークリアさせるとヒュー!とコブラばりにキメ顔風な、V字コーナーで直ぐ目の前を走っていたマシンがスピンしてこっち側に向かってクラッシュモードに入った時は左側に居たマシンが正面衝突で巻き込まれてその衝撃で僕の方に向かって来てさぁ大変!右側のマシンがビックリしたのかブレーキングで後退して右斜め前に僅かな空間が出来たのを確認出来たらとっさのハンドリングで右側に逃げるという僅かコンマ何秒の世界をZEROの領域みたいな感じでクラッシュを回避出来たら思わず「ウヒョーッ!」と裏返った奇声が上がりーの、アホみたいにアドレナリンが吹き出しっぱなしの1時間でしたwww

全てのコーナーにおいて比較的速いドライバーの方々とバトルを楽しむ事が出来まして、チームのエンジンも仕上がりが良いのでストレートも速いのですがソレを上回るマシンが居たとしてもコーナー脱出速度を上げて着いて行けたりスリップストリームで引っ張られる感じの伸びなどを楽しむ事が出来ました。
そんな長い長い1時間もサインボードでピットインの表示が出た時は「え、もう終わり?ヤダモー!」とガックリw

雨の走りなので身体的な負担が全く無く、スポーツジムに通っているお陰もあってか全然疲れ知らずの走行だったのでもっと走っていたかった、そんな楽しい耐久レースが参戦3年目にしてようやく自分の中で実現出来たと思いました。


20150828-30_029.jpg

20150828-30_030.jpg

3年連続でピットでのインタビューを受けました。
背中にK-TAIの刺繍を入れているチームウェアを着ているのはウチだけ、まさにK-TAIに魂を売ったピットシャツに注目が集まりましたw


20150828-30_041.jpg

こちらはコントロールタワー3階でレース中の実況とか解説をしている放送スタジオにて、チーム紹介をしたいから遊びに来てと声を掛けられてw
サイバーファンのレース活動内容を紹介したりアメリカからドライバー参戦しているピコさんの紹介だったりキャンギャルの紹介だったりと、なかなかに辱める放送になったに違いないw


20150828-30_061.jpg

20150828-30_062.jpg

20150828-30_054.jpg

20150828-30_040.jpg

降雨のせいか気温は涼しく湿気も不快に感じない中での7時間レース、メンバーや応援に来てくれているサイバーファンや友人関係の人達も比較的疲労の色を見せることなくのんびり行動が取れていました。

どう?
雨のレースもそんなに悪いものではないでしょ?w



20150828-30_122.jpg

20150828-30_123.jpg

20150828-30_124.jpg

今回のマシンのカラーリング案を考えてくれたサイバーメカ作監・重田さんが奥さんと共に応援に駆け付けてくれました!

自身の考えたカラーリングを前に何を思っているのでしょうかw

これで3年連続で素敵なデザインを仕上げてくれました。
年々デザインラインが複雑化していき個人のペイント能力を越えてしまい遂にプロペインターさんに塗装を依頼するまでになりましたが、しかしお陰様でこうして凄く格好いいアスラーダと凰呀が完成してまして、サーキットで走っている姿は他のどのカートと比べても格好良く目立つ素敵な仕上がりになりました。
TVアニメ・クロスアンジュで無茶苦茶忙しい時期にも関わらず書いてくれたこのスペシャルデザインは大事にします!
本当にありがとうございました!!


20150828-30_032.jpg

驚愕!
車田のおやっさん(左)に毛が生えた!!
ふっさふさやでー!!!



20150828-30_055.jpg

20150828-30_059.jpg

20150828-30_120.jpg

20150828-30_121.jpg

20150828-30_004.jpg

20150828-30_003.jpg

大きなトラブルも出ずしっかり周回数を重ねることが出来るまでに成長したチーム。
参戦3年目にしてこの成長振りは本当に凄いことです。


20150828-30_125.jpg

20150828-30_037.jpg

レースで余裕が生まれたらこんな事だってやっちゃう、
皆ノリが良いなぁwww


20150828-30_063.jpg

20150828-30_126.jpg

いよいよ耐久レースも終わりが近づき、7時間後のチェッカーを受けるチームマシンを全員で出迎えます!
長い長い7時間耐久レースがもう間もなく終わる、今までの苦労が報われる瞬間が刻一刻と近付いている、サインエリア内で誰もがその瞬間を笑顔で迎えたい、そんな瞬間を後ろで見ていると…

あぁ…終わる…
もうこの時間が終わっちゃうのか…



20150828-30_064.jpg

サイバーのOVA・11の最終話「この瞬間よ永遠に…」のワンシーンが浮かび上がりましたよ。

メチャクチャ泣きたくなりましたよw

でも去年の情けないクラッシュからのゴールチェッカーを受けて、申し訳ないやら嬉しいやら情けないやら非常に複雑な心境でチェッカー後の走行でヘルメットの中で号泣し、ピットに戻って来た時に皆の前ではばからず泣いてしまい、そんな経験があったせいか今年は簡単には泣かんでー!とグッと堪えていました。。。


20150828-30_006.jpg

20150828-30_035.jpg

20150828-30_036.jpg

20150828-30_127.jpg

20150828-30_128.jpg

20150828-30_065.jpg

20150828-30_066.jpg

皆がワイワイと7時間のゴールを喜んでいる所を一歩引いて見て喜んでいたので泣くのを堪える事が出来ました。
いやもうね、
油断したら本当にマジ泣きしそうでしたけどねw


20150828-30_011.jpg

20150828-30_129.jpg

残念ながらMVP賞もグッドカート賞もグッドヘルパー賞なども、初参加の時に貰えたグッドファッション賞の様な素敵な賞典を受ける事は出来ませんでしたが、K-TAI大会が15回目を記念した特別賞を抽選にてありがたく頂く事が出来ました。
(出来るだけ多くのチームに賞典が行き渡るようにとの配慮もある様です?)

しかし、そんな賞が無くったってチームはそれらに匹敵する位の素晴らしい仕事を成し遂げる事が出来たと思っています。

他のどのチームよりもK-TAIを楽しむ事が出来たと思っています。
他のどのチームよりもピットクルーが頼もしく思えました。
他のどのチームよりも格好良く目立つカートデザインだと思っています。
他のどのチームよりも格好良く目立つレーシングスーツ&チームウェアだと思っています。


あぁんもう!
悔しいなぁもう!w



20150828-30_007.jpg

なにわともあれ、長い長い1日が無事に終わりました。
こんなにも充実した内容で終われたのは皆さんの一つ一つの頑張りが結びついていったからだと思います。
一つ二つのミスやトラブルがあっても皆がお互いにカバーする事が出来たから綺麗に終われたのだと思っています。
2015年サイバーな年という節目のK-TAIイベントを全員で迎える事が出来て、今まで関わってきてくれた人達全員の顔を1人1人思い浮かんできて、こうして皆と一緒に笑顔で終えられた事を本当に嬉しく思っています。

また来年もこの場この空間この時間を皆さんと一緒に共有出来たら良いなと思っています。
これをキッカケに来年また新たなメンバーが増える事を期待しています。


皆さん暑い熱い1日をお疲れ様でした。
そして本当にありがとうございました。



テーマ:新世紀GPXサイバーフォーミュラ シリーズ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2015/09/13(日) 22:41:11|
  2. もてぎK-TAI・7時間耐久レース参戦記(カート)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://samuraiya363.blog116.fc2.com/tb.php/162-889f3b0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。